花  の  詩 

 

トップページ

              や〜わ


    

サンシュユ (山茱萸・春小金花) 落葉小高木

   (ミズキ科)    季語は春

 

サンシュユは梅の花が盛りになる頃に黄色い小花を賑やかに付けます。
ミズキ科の植物で秋は真紅になる楕円形の実を付けます。径は長径で1.0センチから1.3センチほど、
短径で0.8ミリから1.0センチほどの感じです。鈴なりになる木もあります。
この赤い実は酸っぱくて食用には向きませんが、昔から滋養強壮の薬として用いられました。
江戸時代の中ごろには原産地の中国から渡来したようです。
なお言葉は「山椒」と似てはいますが、もちろん山椒とは全く別の植物です。

山茱萸に けぶるや雨も 黄となんぬ
  水原秋櫻子

しのびあふ けものありけり 花さんしゅゆ  田波富布





















 

inserted by FC2 system