花  の  詩 

 

トップページ


              や〜わ

        め   

    

    ミズヒキ (水引・銀水引・金糸草) 多年草 

   (タデ科・タデ属)   
花期は8月から10月 秋の季語



夏から秋にかけて、細く高く伸びる枝に赤色と白色の小花を付けたミズヒキが見られます。
花の大きさは3ミリ程度。花と見えるのは咢片で花弁はないとのことです。
その4枚の咢の内一片、もしくは4枚の内半分程度まで白味がかっています。
仲間には咢の全体が白い「ギンミズヒキ」、紅白両様の花を付けるのは「ゴショミズヒキ」、
茎は中空で葉に斑紋も毛もないものは「シンミズヒキ」というそうです。
花盛りの頃でもそんなに目立たないものです。

このミズヒキとは別にバラ科の「キンミズヒキ」があります。


かひなしや 水引草の 花盛り  (正岡 子規)















 

inserted by FC2 system