花  の  詩 

 

トップページ


              や〜わ

        め   

    

     ミセバヤ(見せばや・玉の緒) 多肉植物。。絶滅危惧種。多年草

   (ベンケイソウ科ムラサキベンケイサウ属)  
花期は10月から11月。秋の季語



それほど大きくはない多肉の葉が段々に連なる茎を「緒」、茎の先にある花を「玉」に見立てて
「玉の緒」という別称があります。花は茎の先端に多数が固まって咲きます。
この葉っぱは紅葉する種類があります。しかしすべての個体が紅葉するわけではないようです。
絶滅危惧種の一つです。
自生種は岩の上に生えて、上に向かうのではなく垂れ下がります。
古くから観賞用植物として親しまれたようです。
下の式子内親王歌の「玉の緒」は命の意味であり、花の「玉の緒」とは
無関係のはずです。


たまのおの 咲いてしみじみ 島暮し  (星野 椿)

玉の緒よたえなばたえねながらへば 忍ぶることの弱りもぞする (式子内親王)









 

inserted by FC2 system