花  の  詩 

 

トップページ

              や〜わ


    

ケマンソウ (華鬘草・鯛釣草・藤牡丹・よう落(ようらく)牡丹) 多年草

   (ケマンソウ科 ・ 春の季語)    



単純に華鬘草(けまんそう)という時は、二段目の鯛釣り草を指します。
ケマンソウは4月から5月頃に、長さ3センチほどの花が連なって下向きに垂れ下がって咲きます。
現在は色は白色と、鮮やかなピンクに先端部が白色の二種類があります。今後多様な色の
ケマンソウが作り出されるかもしれません。
東アジア原産の多年草で日本には15世紀初めには渡来したとのことです。
名前の由来は、お寺の内陣の柱の装飾物である「華鬘」を連想させるからのようです。
他にケマンソウ科として日本自生種の「コマクサ」「キケマン」「ムラサキケマン」などがあります。

膝ついて 土やはらかし 華鬘草  大石 悦子

      けまん草 風にはぢらふ か揺れる  上村 点魚 
     


















inserted by FC2 system