トップページ

              や~わ

    

カタクリ (片栗・堅香子の花) 多年草

   (ユリ科)    春の季語 開花は3月から5月頃



春を代表する花の一つで、山野に群生します。とはいえ京都では群生地は多くはありません。
3月から4月ころの暖かさを増した頃に高さ20センチほどの一本の茎の先に薄紅紫色の
花を一つ付けます。白花もあります。花弁は根元近くから反転して上向きとなり、
シベは下から横向きに咲きます。
カタクリは発芽から開花までの期間は平均して8年ほどを要するそうです。
それなのに花の期間はとても短いものです。
カタクリの地下茎から採集した良質の澱粉が「カタクリ粉」です。
カタクリは日本全土で見られるそうですが、寒冷地の方が多いようです。


時流れ きてかたくりの 一つ花  (加藤楸邨)

かたかごの 花の辺ことば 惜しみけり  (鍵和田秞子)










inserted by FC2 system