花  の  詩 

 


トップページ

              や〜わ


    

エゴノキ (ヤマヂシャ) 落葉小高木

   (エゴノキ科エゴノキ属)    花期は5月から6月。夏の季語



まだ梅雨入りを迎える前に小高い木にたくさんの釣鐘状の白い花を付けます。
有毒であるためか、実を食すると「えぐい」らしいのでそれが「エゴノキ」の語源になったようです。
万葉の時代から知られていた植物で古名は「山苣=ヤマヂシャ」と呼ばれていたようです。

エゴノキによく見かける「エゴノネコアシ」というのは、要するに「虫こぶ・虫えい」というものです。
この中に「アブラムシ」が入っています。

えごの花 地に叩きつけ 雷雨過ぐ  堀 古蝶











 


inserted by FC2 system